ゾーンとは何ですか?

What is the Zone?
ゾーンとは一体何なのでしょうか? 簡単に言うと、ゾーンにいると、炎症を抑え、炎症によるダメージの修復を促進することで、老化を遅らせることができるということです。 ゾーンは、食事によってコントロールされる非常にダイナミックな生理学的状態です。 医学的にも認められているように、ゾーンは血液の状態で決まります。 ゾーンに入っているか、入っていないかは、血液でわかります。 ゾーンに入ると、あらゆる種類の怪我による炎症性のダメージを軽減し、解決し修復することができます。 その結果、加齢に伴う慢性疾患の発症を抑え、健康寿命を延ばすことができるのです。 

ヘルススパンとは
ヘルススパンとは、寿命から慢性障害の年数を引いたものと定義されています。 今後の医療の目標は、特定の慢性疾患の症状を治療することではなく、そもそも何が原因で健康寿命が短くなっているのかを理解することです。 例えば、多くの慢性疾患は慢性的な低レベルの炎症と関連しています。 しかし、この慢性的な炎症を引き起こす原因は、最近まで明らかになっていませんでした。それは、代謝の「マスタースイッチ」であるAMPKの阻害です。 

メタボリズムとは?
私たちが生きていくために食べ物をエネルギーに変えるのがメタボリズムです。 そのエネルギーの流れをコントロールしているのが、全身の生体細胞に存在するAMPKです。 AMPKの活動が最適化されれば、長生きします。 AMPKの活動が阻害されると、太りやすくなり、さまざまな慢性疾患が若くして発症し、老化速度が速まります。 ゾーンにいるときは、AMPKのレベルが最適になり、より長く、より良い人生を実現することができます。 

It Can't Be That Simple?
AMPKは免疫系もコントロールしています。 これは免疫代謝と呼ばれています。 老化とそれに伴う慢性疾患の根本的な原因は、免疫系によって排除されない老化細胞が増えていることです。 老化細胞は、がん細胞のように変形した細胞です。 老化細胞は、制御できないほど成長するのではなく、体内で新たな炎症源を生成し、全身の臓器の炎症レベルを高めることで老化を加速させています。

さらに、老化した細胞は、他の細胞を老化した細胞に変えてしまいます。 この点から、老化した細胞はしばしば "ゾンビ細胞 "と呼ばれています。 しかし、AMPKの活動が最適でない場合、免疫系がこのゾンビ細胞を除去する能力が損なわれ、ゾンビ細胞の数が増え始めます。 このようにして増えた老化細胞は、以下に示すように、老化とそれに伴う慢性疾患の出現を加速させます。

老化した細胞を除去するには?
ゾーンでは、老化した細胞を認識して除去するように、免疫システムを再プログラムすることができます。 その目標を達成するためには、AMPKの活性を高めることが重要な要素となります。 加齢とともにAMPKの活性は低下し、老化した細胞の集団が増え始めます。 老化した細胞を除去することをセノリティクスと呼びますが、最終的には細胞内のAMPKの活性によって制御されます。

ゾーンに入るにはどうしたらいいですか?
ゾーンに入れる魔法のような栄養素や薬はありません。 しかし、セノリティックニュートリションを実践すれば、ゾーンに到達することができます。 各食事成分は、複雑なチームの一員として、AMPKの活性化に必要なホルモンやエピジェネティックな反応を細胞内で指揮します。

私たちの使命
Dr.Sears.comの目標は、なぜ老化するのか、どうすれば老化を遅らせることができるのかという科学的知識を提供し、ゾーンに到達しやすくするためのユニークな食生活の洞察を提供することです。 ゾーンでは、老化した細胞の数を減らすことで健康寿命を延ばすことができます。